保育士の勤務先
img_010
保育士と一口に言ってもその勤務先はさまざまです。保育士の職場として最も数が多いのは保育園です。保育園を分類する場合には国によって認可されている保育園か、もしくは無認可の保育園なのかという分け方が基本となり、その違いとしては設備や保育内容、あるいは職員の数や資格など国によって定めている基準に合致しているか否かというポイントがありますが、国や自治体からの予算措置によりすべてが賄われている認可保育園と、小規模の施設や人員で運営されている無認可保育園とでは待遇面などで大きな格差が生じています。

また、認可保育園には地方自治体の組織である公立保育園と、個人または企業が運営する市立保育園があり、その他にも病院に勤務している看護師や医師のこどもを預かるために設置された病院内保育所や病児保育室などにおいて保育士の需要が高まっているようです。保育園などと比較するとやや勤務時間が変則的になりなりがちではありますが、平均的な年収の設定は保育園よりも高めであるところが多く、保育園からの転職希望者も増えているようです。

また、近年では待機児童対策の一環として保育ママのシステムを自治体ごとに制度化することで、自宅で保育を行うケースも見られるようになっています。 その他にも、ホテルやショッピングセンター、企業が建物内に設置している託児所など保育士の受け入れがされているようです。このように、保育士を必要とする職場は、その種類、数ともに増えてきていると言え、この先も増加傾向にあるようです。当サイトでは保育士の勤務先について役立つ情報をお伝え致します。ぜひお役立て下さい。


◎ 保育士関連ピックアップサイト
保育士を必要とする職場の多くは、採用活動を行っています。保育園を一つずつ探すのは大変ですので、様々な保育園の求人情報がまとめて見られるサイトを活用するのも良いでしょう。こちらは保育士に特化した求人情報サイトで、同時に求職者のサポートも行っています ⇒ 保育士 求職サポート